正しい冠婚葬祭の知識を身に付ける

冠婚葬祭の知識を知っておくことで、いざというときに慌てなくてすみます。
とくに急な不幸があったときも正しいマナーで対処出来るようにしましょう。
弔事のマナーは不慣れなことも多いので失敗してしまいがちです。
冬などの寒い時期に葬儀に毛皮や革のコートを着てはいけません。
色が黒やグレーであっても殺生をイメージする毛皮や革は失礼にあたります。
また線香を口で吹き消すこともいけません。
左手で軽くはらうか、持ったまま下にすっと引いて炎を消すようにしなければなりません。
葬儀は乳幼児をなるべく連れていかないようにしましょう。
走り回ったりうるさかったりすると失礼になります。
どうしてもあずかってもらえない場合は、葬儀は遠慮して後日自宅にお参りするようにしましょう。
また通夜と葬儀にやむを得ない事情で出席出来ないときは、電報を打つか代理人に香典をお願いするようにすると良いです。
冠婚葬祭は宗教によっても様々で変わってきますので正しい知識を身に付けるようにしましょう。