のし袋の表書きについて

成人式や結婚式、それに葬式としばしば冠婚葬祭の機会があると思います。
それがいつ来るのかタイミングが分かっていれば準備もできますが、いつもそうだとは限りません。
ここでは冠婚葬祭の際に送るのし袋の表書きについての知識を紹介したいと思います。
まず書くものは筆ペンか毛筆を使うのが一般的です。
また祝儀の場合には黒色を使い、不祝儀の場合には薄墨色のものを使います。
袋の表側上部には成人祝いや結婚祝いなど、その場面にあった言葉を書きます。
そして下側には送ったこちら側の名前を書きます。
名前は基本的にフルネームで書き、もし仕事関係など名前だけの記入では相手に分かりづらい場合には会社名も一緒に記入します。
次に連名で送る場合には右側に格上の人の名前を書き、左に向かうにつれ格が下がっていくようにします。
特に格がない場合には年齢や五十音順で記入します。
また連名の場合でも四人以上の連名になる場合には、~一同というように記入し、全員分の名前は別の紙に記入し中包みに入れるようにします。